admin のすべての投稿

古川ぶどう園の「備州ぶどう」でございますよ!

美味しいぶどうが元気に育つ、標高400メートルのカルスト台地。
そんな岡山県の片田舎でぶどう作りを始めて、今年で8年目となりました。

「今年はどうですか?」と色々な方から聞かれ、真っ先に思い浮かぶのが西日本豪雨と異常な猛暑。
西日本全域を直撃した豪雨災害は、ここ岡山県新見市でも例外ではなく、その瞬間は「ブドウどころではない!」というのが正直な感想でした。
そして豪雨の後は3週間にも続く異常な日照り。
連日35度を軽く超える猛暑の中、葉の少ない若木や樹勢の弱い木になるブドウは、ほぼ全てで高温障害を受け、なんとも無残な姿となりました。

ただそんな中、順調に生育を続ける事ができたブドウは、この強烈な日差しで活発な光合成を行い、この夏の出来事で少し疲れた私達夫婦を元気付けるかの如く順調に育っています。
そして、収穫は1ヵ月程先になりますが、きっと一昨年と同じようなとても美味しいブドウになりそうな予感がしています。
我が家の自慢のブドウを、是非一度ご賞味ください。

採れたてをいち早くお届けします

IMG_5986まだ暑い9月上旬から始まるぶどうの収穫。作業は、朝露が残る早朝から採取作業を開始します。収穫作業はさほど時間はかからず、朝食までには採り終わります。
その後、自宅に持ち帰り、選果作業に入ります。
不良な粒を取り除き、重量別に選別。傷を付けないないように、丁寧に箱詰めして、夕方までに出荷します。
ぶどうは日持ちがする果物で、比較的長く美味しさを保ちますが、みずみずしい食感は鮮度が命。
できるだけ早くお召し上がりください。