今年も美味しく育ってます!

9年目のシーズンとなった2019年。
相変わらずとんでもない暑さを感じる日々が続いていますが、皆様いかがおすごしでしょうか?

さて、今年のぶどうの状況について、facebookにも投稿したのですが、マイナス要因としては5月8日の霜被害。
それ以外はまぁそれなりに推移という感じだと思います。
霜被害の影響として、一時は3割減という見通しを立てていたのですが、なんとか着果量だけは昨年と同様のところまで立て直しました。
この先、霜の影響を受けたぶどうの品質は収穫するまでわかりませんが、少しでも多くのぶどうが市場に流通してくれる事を祈っているところです。

そして、皆様にお届け予定の被害を受けなかったぶどうは、順調に生育を続けています。
猛暑日続いていますが、昨年の葉が焼ける程の暑さはなく、実太りも良いようです。
このまま何事もなく例年通りの夏が続いてくれれば、きっとおいしいブドウになってくれると思います。

採れたてをいち早くお届けします

IMG_5986まだ暑い9月上旬から始まるぶどうの収穫。作業は、朝露が残る早朝から採取作業を開始します。収穫作業はさほど時間はかからず、朝食までには採り終わります。
その後、自宅に持ち帰り、選果作業に入ります。
不良な粒を取り除き、重量別に選別。傷を付けないないように、丁寧に箱詰めして、夕方までに出荷します。
ぶどうは日持ちがする果物で、比較的長く美味しさを保ちますが、みずみずしい食感は鮮度が命。
できるだけ早くお召し上がりください。